北信(北 信州)であそぼう! 長野県北部、観光スポット体験サイト

Read Article

カヤの平高原で、ナメクジさんに再会する

カヤの平高原で、ナメクジさんに再会する

カヤの平高原って、いったいどんなところなんだろう?

木島平村の東南に位置し、標高1500m付近に広がる高原です。ここには、樹齢300年を超えるブナの原生林があり、「日本一美しい森」言われる、みごとなブナの原生林が広がっています。また、北ドブ、南ドブと呼ばれる湿原もあり、貴重な植物の宝庫でもあります。特に人気は、7月に北ドブ湿原で見られる、ニッコウキスゲの群生です。自家用車では雪除け後の5月下旬から6月初旬ごろから、11月まで行くことができます。施設は総合案内所、ロッジ、キャンプ場があります。総合案内所を中心に、ブナの原始林、湿原、標高1,747.3mの高標山などを結ぶ、トレッキングコースが複数あります。

引用:木島平村観光協会

6月のホタル鑑賞会の解説者Iさんが、夏場はカヤの平にいらっしゃるというので、会いに行くことにしました。

 

木島平村側から、乗用車で向かったのですが、はっきり言って同乗者の女子どもは酔います。


より大きな地図で 北信であそぼう!マップ を表示

 

管理事務所にうかがうと、見知ったお顔が。もちろんあちらは覚えていらっしゃらないと思いますがご挨拶。

きのこや、昆虫の標本に混じって、モグラの標本に見入っていると、「その中には3種類のモグラが入っている」と声をかけてくださいました。

夏場にこの地域の自然を管理されるご苦労は、想像以上だと思いますが、

カヤの平高原を訪れる人には、是非、この「山ナメクジれんらくちょう」を見てほしいと思います。

 

残念ながら、ニッコウキスゲは終わってしまいましたが、往復2時間弱のブナ林を抜けて、北ドブをめぐるルートは、とてもすがすがしく、軽めのトレッキングで気持ちよかったです。

カヤの平高原北ドブカヤの平高原北ドブ カヤの平高原北ドブ カヤの平高原北ドブ

 

 

キャンパーさんには、こちらの情報がおすすめです。

木島平村観光協会:カヤの平高原

Facebookでコメント

Return Top